■ 5S実践活動で各社が「活動を終えて評価できる点」

 

5S実践活動の実施で、各社が

(1)「目指した目標」

(2)「活動を終えて評価できる点」

(3)「活動を終えて反省する点」

について、実施した12社の報告からピックアップして下記に掲載しています。

各社での「意識改革の芽生え」を見て取ることができます。

貴社での実施の参考にお使いください。             (5Sアジア事務局)

 

======= 各社の発表内容から =========

活動を終えて評価できる点 

 

□目標を持って定期的に活動することによってテーマ達成の意識が向上した。

 

□少しづつコスト意識も高まり、今何が必要なのかが徐々にわかってきた。イメージアップの一環として電話対応パフォーマン

 スができるようになった。無駄スペースを如何に効率よく整理し活用するかが見えてきた。

 

□各グループ長が率先して計画遂行にリーダーシップを発揮した。2S活動の結果、作業スペースが広がった。食堂掃除の当番

 制をトイレまで拡大し、全員参加行動ができた。

 

□在庫品が一目で分かるようになった。日々の個人別生産数が翌朝数値で示されて、作業内容が理解しやすくなった。

 

□第一倉庫の整備(資材の確認)、第2倉庫の外回り(湧水処理)対策、車両・機械等の自主管理ルールが確立でき、運用も進

 んだ。

 

□5S活動を行うことにより、整頓を行うという気持ちが出てきた。

 

□意見・提案が出てくるようになった。スッキリした職場にする努力が見られる。連絡・報告が増加した。

 

□第1次活動でも部門によっては2S、3定ができたところもあり継続が必要。取引先の品質監査の多い部署は監査回数を重ね

 るたびに効果が上がった。指摘することにより少しづつ5Sの必要性が出てきた。

 

□場所が有効に使えるようになった。工具など物を探しやすくなった。全員が5Sについて関心を持つことができた。

 

□工場の美化と整理・整頓が進んだ。若干の業務の簡素化ができた。下請けと従業員に5Sに対する認識ができた。

 

□多少なりとも接客及び商品説明に自信が持てるようになった。商品以外の余分な物が減り、全体に商品が判りやすくなった。

 お客様の導線を意識した動きができつつある。

 

□場所、時間、作業場の無駄が減少した。全員にて話し合いや実践を行い式が高まった。

 

企業インタビューTOPに戻る