企業インタビュー  株式会社ツバサ  

精力的に地域5Sを推進される

本田社長様

 

工場内に掲示された5S掲示板で、

社内の状況が一目でわかります。

 

仕掛品、完成品が明確にわかり、

次工程とのコミュニケーションに

活躍する工程棚。

 

 

Q1:ツバサwww.5s-asia.com/user/tsubasaは、どんな会社ですか?

本田社長:超硬セラミックの研削加工を専門とする企業です。

     特に、小径品 穴Φ0.3〜Φ3.0までの高精度加工を行っています。

     @短納期 Aお客様に応じたコスト B品質保証 C少ロット加工 を目標に

    「感謝・信頼・挑戦」を社是に取組んでいます。

 

Q2:今、会社が野心を持って取組んでいることはなんですか?

本田社長:早くISOに取り組めればと考えています。また、技術競争に勝つために社内の技術力アップを図っていきたいと考えています。目標は、どんなに小さな製品でも、またどんな高精度なものに対しても挑戦していきたいと考えています。

 

Q3:今の悩みはなんですか?

本田社長:この2年ほど積極的に5S活動に取組んできました。社内に5S意識は十分に浸透できたと思います。お陰様で従業員各々の意識は高まってきたと感じています。しかし社内の5S活動が、会社挙げてのお祭りムードに今少しなっていないことが悩みといえます。

 

Q4:商工会に何かひとこと言うとすればなんですか?

本田社長:当商工会の全会員に対して5S活動が浸透するように、商工会を挙げての5S活動の組織作りを期待しています。

 

Q5:5Sを実施して、会社は変わりましたか?

本田社長:とにかく工場内の機械が、常にピカピカに磨き上げられるようになったことです。また一部ではありますが、物の管理状態が一目で見れるようになりました。

 

Q6:5S活動の今後の目標はなんですか?

本田社長:これまでは社内の一部での5S活動に留まっていましたので、今後は社内全部の5S活動として取組んでいきます。

 

このインタビューは2003423(株)ツバサにて行いました。

 

 

企業インタビューTOPに戻る