企業インタビュー 株式会社ヒューマンベスター

■ 企業インタビュー               ■200591

株式会社ヒューマンベスター 代表取締役 玉根輝昭 様

潟qューマンベスタ−のロゴ

 

    株式会社ヒューマンベスタ−は、2002年飯田橋に設立された人材紹介を目的とした会社です。代表の玉根輝昭社長を尋ね、経営の醍醐味と悩み、そして今後のビジョンについてうかがいました。

    事前に頂いた会社案内によれば、人と企業とのベストパートナーな関係を願う4つの理念=HumanBestSuccessTrust即ち

『人との出会いを大切に、最善を尽くし、成功に導き、信頼を築く』を経営理念に業務を推進しておられるとのことです。柔らかなもの腰で語ってくださる玉根社長に、先ずこのあたりの設立の思いからお聞きしました。

 

    Q1:「ヒューマンベスタ−」を設立された思いはどんなところにあったのですか?4つの理念も含めて教えてください。

    A1:私は199711月に経営破たんした山一證券にいまして、在籍していたたくさんの社員の身の振り方を目の当たりにして、多くのことを学びました。とりわけ再就職先については、本人も、受け入れる会社側も双方共によい関係を作ることがとても大切なのですが、そうすることがいかに大変なことか!を痛いほど学びました。

そして再就職を望む立場の方は“甘い”考えを捨てないと満足できる職場を見つけることは、とても困難だいうことが次第にわかってきました。転職を希望する方は、自分の中に“これだけは”の自信のあるものを持つことがとても重要なんですね。にもかかわらず、甘い考えで会社を飛び出してしまう“向こう見ず”の傾向が根強いですね。

こんな経験から、職を求める方へのベストな支援を私の天職と信じ4つの理念=HumanBestSuccessTrust を掲げて活動を開始したわけです。

 

熱い思いである「4つの理念」の背景を語る玉根社長

 

    Q2:4つの理念を推進してみて感じられることはどのようなことですか?

    A2:人材紹介の仕事を始めて通算6年になりますが、毎日7〜8人の方に面接し、お話を進めていきます。もう延べで5000人以上の方にお会いしたことになります。お会いする方の年齢層は22〜3歳の第2新卒者から60歳ぐらいまで幅広いですね。

当社の宣伝を大々的にしているわけではなくHP程度なのですが、お陰さまで口コミの紹介を通じて問合せが来ることが多いですね。
一旦お会いした方とのご縁を大切にして、企業とのよい縁を築いていただけるよう最善のお手伝いを心がけています。

この仕事は、すべて成功報酬ですから、よい人材を企業に紹介できればよいのですが、一旦は再就職できてもその後トラブルになったり、短期間で退職されたりすると返金することもあるわけです。

ですから私としても自信を持った方を紹介するために、常に長いスパーンで人材を見て、場合によっては求職者の考え方にアドバイスをすることもあります。このような考え方で臨みますから、当然、ひとりの方に関わる時間は長くなってしまいます。
 

 


同社のホームページ(http://www.h-bst.com)には

 

求職者の「オンライン仮登録」画面も用意されている

    Q3:一般的な人材紹介会社とはどのようなところなんですか?

    A3:人材紹介会社は全国に8000社ほどあります。最近、某IT企業の依頼で大手人材紹介会社を何十社も訪問して驚きました。大手人材紹介会社の社員さんは実によく働くんですね。色々なイベントを企画して大量に人材を集め、大量に紹介するんですね。その仕事の手際よさには感心しましたが、集まった人材のひとり一人を余りに大切にしていない事実を見て愕然としましたし、自分の考える4つの理念の正しさを再認識することができました。

少子高齢化や就職可能年齢の低年齢化が進むことで、求職者は「自分の得意分野を明確にする」ことが強く求められるわけですが、これまでの日本の大企業にはゼネラリストを養成する仕組みはあっても、「スペシャリストを養成する」という発想がなかった。このため大手企業勤務者がスピンアウトしたり、定年を迎え再就職の場に臨んでも「自分の得意分野を明確にする」ことができないんですね。こんな場面を何度も目撃しています。


玉根社長の優しく懇切丁寧な面接には定評があります

 

    Q4:では貴社はどんな分野の企業に人材紹介をしておられるのですか?

    A4:当社にも潤沢な資金があれば、幅広い分野の企業に人材紹介をさせていただくのですが、経営効率の観点で業種・企業を絞り込んでいます。
分野としては金融業界とIT業界です。お取引させて戴いている企業様は、これまでのご縁を背景に幅広くなってきています。

金融機関では みずほ銀行・住友信託銀行・イーバンク銀行・新生銀行・東京海上アセットマネジメントなどです。

IT
業界では NTTデータ・NTTコミュニケーションズ・ソピア・大連華信計算機有限公司・華信コンピュータなどです。

なお、職種は特に業種問わず幅広く、人事、経理、総務、広報、IR等のスペシャリストと経営のトップもあります。

 

    Q5:玉根社長が今、強く感じていることはどんなことでしょうか?

    A5:ご縁に恵まれて、8年前の19989月以来中国大連に20回以上訪れています。そして大連にいくたびに大きな成長のパワーを感じています。

今の中国の方々には『生まれながらの生命力と貪欲さと気迫』があると強く感じています。

毎日のように面接させて戴くたくさんの求職者の皆さんにも、是非あの力強いパワーの一端でも感じて取り込んで頂けたらと思っています。

私達も常に努力と情熱と忍耐で、1回の人生を力強く悔いないよう共に送りたいと考えています。

 

    どうもありがとうございました。

 

企業インタビューTOPに戻る