企業インタビュー      バキュームモールド工業株式会社  

バキュームモールド工業株式会社  墨田区墨田5-23-11
代表取締役 
北澤 隆氏

北方面から墨田区に入って一番目の会社が真空成形金型のトップ企業「バキュームモールド工業株式会社」です。

昭和33年、東向島で北澤造形として現北澤社長が20歳の若さで創業。昭和44年に現地に移転し株式会社に改組。以来45年、一代で社員210人、資本金9,000万円、年商27億円の日本一の金型成形会社に成長しました。

何よりも驚かされるのは、創業10年目に社長が失明され、健常であってもオイルショック、ドルショック、バブル崩壊の大波を受けながらの企業経営は厳しく、倒産、破産、規模縮小を余儀無くされる事が多々あるのに、目がご不自由の中、平成7年に埼玉に新工場を開設、11年には増築するなど、勝組み企業として盤石の規模を維持している事です。

ここ数年、新入社員の採用時期には会社見学等に来る学生が60人以上もいて、優秀な社員の選抜に苦労されるそうです。
.
80歳の熟練職人も

 その反面、80歳で現役の熟練した仕上げ担当の職人さんが元気に働き、定年だから、年だから…などの退職や解雇を避け、能力とやる気のある社員を大切にする会社でもあります。

北澤社長の情熱、明るさ、元気には頭の下がる思いです。失明された時にもご家族や社員40人のためにも、「やるしかない!」と平常心だったそうです。目が見えなくても、マイナス思考にはならず、「他の所でなく、失ったのが視力で良かったと思います。差し障りはゼロで自分自身でも忘れているほど。有能なスタッフや家族の協力で充分カバー出来ています。前よりも後の方が良く見えますよ」と笑顔です。
.
趣味は乗馬

 お若い頃はお金が無く、その後はお金があっても時間が無く、今は時間と少しの余裕が出来ましたが、車の運転は出来ないので、それなら馬に乗ろうと、毎年、奥様もご一緒にツアーを組んで、モンゴルの大草原を馬に乗って旅するそうです。気力、体力充実の素晴らしい人生を過ごされる北澤社長。

高い技術と誠意ある企業姿勢で350社の顧客に対応し、明確な価格設定は絶大の信頼を得ている様です。広い工場内は、常に整理整頓され、職場環境も整っています。「利他の心を大切に利益は追求しなくても、良い仕事をすればおのずと付いて来ます。

“創意創造・共存共栄”の社是を基本として、これからも着実に頑張って行きます」と話す北澤社長に敬服。こんな素敵な社長の元で仕事をされる社員は幸せですね。

※ 墨田区の『すみだTOWN情報誌アベニュー』のインタビュー記事を編集長殿の許可のもとに掲載しています。

 

企業インタビューTOPに戻る