企業インタビュー 有限会社北原土木

社長と娘さんの由美さんです。

訪問日が大雪の日だったため窓の外は白銀の世界でした。

(由美さんが5s-asiaの情報更新担当

 

社内の5S会議での発表風景です。発表に不慣れだった方も、今では自信をもって発表しています。

熱心に5S会議での発表に耳を傾ける従業員の皆さんです。

Q1(有)北原土木(www.5s-asia.com/user/kitaharadoboku)は、

どんな会社ですか?

 

北原社長:昨年、5S活動の一環で、うちの会社の特徴を皆で議論してもらったところ、社長の人柄がよい/従業員の人柄がよい/緊急対応が早い/元請けも下請けも両方できる/仕事の質が高い(他社比較)/社長に行動力がある の項目が上がりました。社長として片腹痛い項目もありますが、土建業として一生懸命やる会社として取引いただけていると思います。当社は、土・日・祝日や夜間でも、土木のことなら連絡戴ければすぐ対応できる体制を常にとっていることが大きな特徴だと思っています。

 

Q2:今、会社が野心を持って取組んでいることはなんですか?

 

北原社長:一つは森林整備の仕事です。これは県の田中知事が進めている事業ですが、当社ではいち早く森林整備の資格取得をおこなって積極的に対応しています。2つ目は一般住宅の庭造り(造園)への対応です。現在、医師の方々のご要望に対応させて頂いていますが、今後はもっと範囲を広めて行きたいと思っています。(この分野は当社の得意分野です)

 

Q3:今の悩みはなんですか?

 

北原社長:なんと言っても仕事がすくないことです。ですから資金繰りに苦労しているのが実情です。

 

Q4:商工会議所に何かひとこと言うとすればなんですか?

 

北原社長:5S活動を始め資金繰りの面でも本当に面倒を見ていただき会議所の皆様には感謝しております。これからもどの様な事でも相談しながら進めていくつもりです。
 

Q5:5Sを実施して、会社は変わりましたか?

 

北原社長:昨日この質問を社内でしたところ、現場の整理・整頓ができるようになった/大変良くなった思っていたが、また人間関係の足をひっぱりが目立つようになった/物を大切にするようになった/倉庫が大分きれいになった/変わったと思うがまだまだできないところがある 等の声でした。

 

Q6:5S活動の今後の目標はなんですか?

 

北原社長:競争力を高めるために目標原価を少しでも下げることです。このために5Sの目標として、材料のむだづかいをなくすこと。また、5Sを進めて折角人間関係の和ができたと思ったが、また崩れ始めているようなので「人間関係の和」も目標にしていきたいと考えています。

 

このインタビューは2003年1月23日(有)北原土木 殿にて行いました。

 

企業インタビューTOPに戻る